kjira-craft's blog

くじらクラフトのブログ

《日記》咳喘息のこと

 こんにちは!雲井くじらです🐳

 まだまだ厳しい暑さが続いておりますが、突然冷え込むこともありますね。体調は崩されておりませんでしょうか?

 私は、水面下で色々と動いており、ばたばたしております!

 体調面では季節の変わり目に発症する咳喘息になってしまいました。咳以外は元気です😊 せっかくなので今日は、持病の咳喘息についてお話ししてみたいと思います!

 なかなか話す機会がないもので話したいのです・・・😅 同じような症状がある方への誤解がなくなり、少しでも理解が深まりますように・・・!

 

 まず「咳喘息」と「喘息」の違いについて。

 「咳喘息」は、気道が過敏性により炎症を引き起こすことで狭くなり、乾いた咳が出続ける病気です。会話で声を出すと咳が出やすくなったり、夜に咳が止まらなくなることがあります。

 「咳喘息」には、喘息の特徴である喘鳴(「ゼイゼイ、ヒューヒュー」といった音)や呼吸困難がありません。「咳喘息」は数か月咳が出続けることがあり、更に悪化すると「喘息」に移行することがあります。

 「喘息」になると発作が起きることがあり、激しい咳が出たり、呼吸がしづらいといった症状が出てきます。

 私は高校生のころに咳喘息を発症し、季節毎に咳が出続ける症状がありましたが、長らく原因不明でした。病院に行って風邪薬を処方してもらっても治らず、3か月近く咳が出続けていたこともあります。社会人になってから咳喘息と診断されました。

 咳喘息は、症状が治まっても再発を繰り返すことが多いです。私の場合アレルギーもあって一生涯の「完治」がなかなか難しいです。

 発症の原因は「季節の変わり目の気温の変化」「ハウスダスト」「花粉」「乾燥」等です。勿論気を付けてはいますし、定期的に呼吸器内科に通院してますが、季節の変わり目はどうしても発症してしまいます。

 咳は出ますが、人に移ることはありません。また、発熱はありません。

 咳止めや抗生物質などは効かず、「吸入ステロイド薬」を長期的に吸入することで治療します。「吸入ステロイド薬」はいわゆる「発作止め」ではないので、即効性はなく、毎日吸入し続けることによって徐々に気道の炎症をおさえていきます。副作用で声がれ等があります。(朝と就寝前に吸入するので、朝の声がれが目立つ事があります💦うがいをしても水を飲んでも飴を舐めても治まらないときもあります)

 前職では心配していただいたり優しくしていただいたりしたこともたくさんあり、思い出すと本当にありがたかったなあ・・・と思います。咳だけといったものの会話のたびに咳込むのはやっぱり苦しいので、人の優しさが身に沁みました💦

 反対に、まだまだ誤解されてしまうことも少なくない病気だと思います😢このご時世ですし、咳をしている人に対して不安になる方のお気持ちもとてもよくわかります。ただ、咳喘息・喘息だけではなく、花粉症やアトピー性咳嗽など、咳が出るけどうつらない病気は多くありますので、そういう人もいるという理解が広まることを願っております。

 

 最後に宣伝になるのですが、咳喘息や喘息に使用できる、「喘息マーク」のデータをダウンロード販売しております。印刷して切り取り、100円均一に販売されている名刺ホルダーに入れることで使用できます!

 無断転載防止のため有料ですが、100円ですので、喘息や花粉症でお悩みの方はよかったらダウンロードしてみてくださいね。

それではまた。

 

 

参考

https://medicalnote.jp/diseases/咳喘息

https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/cough_variant_asthma/

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------
イラスト制作、紙刺繍をしております。よろしくお願いします!
=くじらクラフト=
https://www.kujira-craft.com/
HTML名刺
https://html.co.jp/kujira_craft